FC2ブログ

出会いサイトについて考える(〃∇〃)

出会い系の攻略法の紹介と優良&完全無料の出会い系サイトを紹介している真面目なブログです。出会いサイトの感想、悪質な詐欺サイトの手口やネット詐欺対策も紹介しています。 *18歳未満は閲覧禁止です。

コンテンツ((((=・o・)ノゴー♪

QRコード

QR

Yahoo!ブックマークに登録

気まぐれ更新日記♪

「会いたい」から来て頂いた方へ

当サイトは
「会いたい~(〃∇〃)」から引っ越したサイトです。管理人も内容も同じです♪
●サイト名を「出会いサイトについて考える」に変更♪
●管理人名をみゃ→に変更♪
 で、内容とかコンテンツは殆ど変わっておりませんのでご安心を! 相変わらず「愉快な出会いサイト」の「感想」をメインコンテンツに書いてます。お目汚しですが、暇潰しに見てやって下せぇ。宜しくですぅ(*^-'*)

RSSリンク

更新状況ぉ♪

プロフィール(〃∇〃)

Author:桃
 阪神大震災で壊滅した神戸のとある香ばしい地域に居住。性染色体の型としては恐らくXX型。しかし、短気、寝起きの悪さで自分でもXY型では無いかと危惧する場面多々あり。悪徳出会いサイトで被害にも有った事のある生き物。基本的にはおもろい奴。
好きな物
 猫、水曜どうでしょう、稲中、厚揚げ、サンジ、中島らも、新田次郎、ダリ
怖い物
 犬が苦手。。。。。。。。。。

相互リンク様です♪

かんたん相互リンクです♪

かんたん相互リンクで手軽にSEOしよう♪

ブログランキングです(^^♪

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナー探し(ノンアダルト)へ
大人の出会い ランキング

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

(///∇//)テレテレ

コスプレ★ドロップ


めーるふぉーむぅ

 相互リンク依頼はこちらからどうぞ!但し詐欺疑惑、悪徳疑惑のある出会いサイト様、及び常識の無いサイト様はお断りする場合があります。てかそういうサイト様は依頼しないで下せぇ(・ω・)ノピョル注意事項及び免責事項も読んで下せぇm(._.*)mペコッ
 んで、変なメールとかは公開(IP含め)しますんで、お気をつけあそばせ♪(* ̄ー ̄)vあと、相談、感想、アドバイスetc有りましたらお気軽に(^^♪

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

にゅーす♪其の7

 色々なネットに関するニュースやトピックを保管しています(^^♪ 重要なニュースだけを特にピックアップしてます。お役に立てば嬉しく思ふ今日この頃。。。。の第七弾です(´・∀・)

2008.05.12(読売新聞)
有害サイト、業界一丸で対応…法規制へのけん制も

2008.05.19(産経新聞)
どっちもどっち…児童買春ネタに現金詐取

2008.05.28(時事通信)
「出会い系」規制、改正法が成立=事業者の届け出制導入

2008.06.09(Impress Watch)
出会い系サイトの相談件数が再び増加、“無料サイト”への登録には注意

2008.06.17(時事通信)
出会い系で誘い女性恐喝=34歳男を逮捕-大阪府警

2008.06.26(Impress Watch)
総務省が出会い系業者に改善命令、迷惑メール法の表示義務違反で

2008.07.18(産経新聞)
出会い系サイトの開設者を書類送検 神奈川県警

2008.07.23(共同通信)
迷惑ブログ急増、12%に 広告収入稼ぎなど目的

2008.08.08(INTERNET Watch)
出会い系サイトの犯罪被害が4割減、上半期の検挙状況とりまとめ

2008.08.21(共同通信)
サイバー犯罪の摘発最多 出会い系違反が大幅増

2008.09.12(MarkeZine)
携帯各社、フィルタリングサービスのブラックリストから健全認定サイトをはずすと発表

2008.10.09(琉球新報)
ネットの“闇”監視 琉大教授らチーム発足



2008.05.12(読売新聞)
有害サイト、業界一丸で対応…法規制へのけん制も

 インターネットの有害サイトが社会問題化しているのを受け、子どもたちが安心してネットを利用できる環境整備の取り組みが、業界内で相次いでいる。
 業界の自助努力をアピールするとともに、自民党内に出ている法規制の動きをけん制する狙いがあるようだ。
 ヤフー、楽天、マイクロソフト、ディー・エヌ・エー、ネットスターのネット関連5社は、ネットの危険性を教える教材の作成や保護者向け勉強会の開催に共同で乗り出す。こうした啓発活動は、これまで各社が個別に取り組んできたが、出会い系サイトや「学校裏サイト」が犯罪やいじめの温床となっている実態が十分に周知されていないと見て、互いに協力することにした。
 このうちヤフーとネットスターの2社は5月、大学教授らでつくる研究会を発足させ、子どものネット利用に関する実態調査を通じて、保護者やサイト運営会社などに情報を提供する。  
ページTOPへ


2008.05.19(産経新聞)
どっちもどっち…児童買春ネタに現金詐取

 出会い系サイトの掲示板を通して知り合った客にうその児童買春を持ちかけ現金をだまし取ったとして、警視庁板橋署は19日、詐欺の疑いで、住所不定、無職の伊藤達夫容疑者(43)を再逮捕した。「金もうけをしたかった」と容疑を認めている。同署は余罪があると見て追及する。
 調べでは、伊藤容疑者は1月下旬ごろ、出会い系サイトの掲示板に児童買春をにおわせる文章を載せ、返信のあった埼玉県内の会社役員の男性(38)を携帯電話で板橋区内の駅近くのコインパーキングに誘導。「置いてあるファイルの中から女の子を選び、料金5万円を入れて戻してください」などとうそを言い、男性が駅に向かっているすきに5万円をだまし取った疑い。
 伊藤容疑者は客を信用させるため電話番に携帯電話の出会い系サイトで知り合った16歳の少女を雇っており、児童福祉法違反の疑いで今月1日に逮捕されている。
ページTOPへ


2008.05.28(時事通信)
「出会い系」規制、改正法が成立=事業者の届け出制導入

  出会い系サイト事業者に対し、都道府県公安委員会への届け出や児童に関する書き込み削除を義務付ける改正出会い系サイト規制法が28日、参院本会議で可決、成立した。
 改正法は事業者の届け出制を導入。児童が異性を誘ったり、大人が児童を誘ったりする書き込みを見つけた場合の削除を義務化し、暴力団員などの欠格事由も設けた。
 違法な書き込みの把握や削除要請をしている特定の民間団体には、公安委が届け出業者の連絡先などを提供。保護者や携帯電話事業者にはサイトへのアクセスを制限するフィルタリング利用の努力義務を課す。
 現在、利用者が18歳以上であることの年齢確認は自主申告制が認められているが、警察庁は運転免許証のコピーやクレジットカード支払いなどでの確認徹底に向け規則改正を検討している
ページTOPへ


2008.06.09(Impress Watch)
出会い系サイトの相談件数が再び増加、“無料サイト”への登録には注意

 国民生活センターは5日、出会い系サイトに関した料金の不当請求の相談が増加傾向にあるとして、こうした請求には応じないよう呼びかける注意喚起を行なった。
 全国の消費生活センターに寄せられた出会い系サイトの利用料などに関する相談は、2004年度が約5万件、2005年度が約3万件、2006年度が約2万4,000件と減少傾向にあったが、2007年度は約3万件に迫っており、再び増加に転じた。
 国民生活センターでは、最近の相談事例からは、無料の懸賞サイトや占いサイトなどへの登録をきっかけとして、出会い系サイトからのメールが届くようになったというケースが多く見られるとして、無料だからといって安易にアクセスして、個人情報を入力しないようアドバイスしている。
 また、不当な請求に対しては、サイトを利用していなければ支払う必要はなく、「登録したから」「何度も請求が来るから」などの理由で請求に応じたり、聞かれるままに氏名や住所などを教えることは、さらに別の業者から次々に請求を受けることになるとして、注意を呼びかけている。
 出会い系サイトからのメールが届いた場合の対策としては、請求があっても安易に連絡したり個人情報を教えず、執拗な請求に対してはドメイン指定拒否の設定やアドレスを変更すること、メールの内容は証拠として残すことなどを挙げている。また、悪質な広告宣伝メールについては、データ通信協会の「迷惑メール相談センター」に情報提供することや、不安なことや困ったことがある場合には全国の消費生活センターへの相談を呼びかけている。
ページTOPへ


2008.06.17(時事通信)
出会い系で誘い女性恐喝=34歳男を逮捕-大阪府警

 出会い系サイトで知り合った女性から現金などを脅し取ったとして、大阪府警吹田署は17日までに、恐喝容疑で京都市山科区御陵岡町、自営業河俣貴人容疑者(34)を逮捕した。「金に困ってやった」と容疑を認めているという。
 同容疑者は「ほかにも(サイトで)70人ぐらいと知り合った」と供述。同署は他に被害がないか調べている。
 調べでは、河俣容疑者は1月、携帯電話の出会い系サイトで知り合った大阪府在住の女性(32)を数回にわたり呼び出し、「やくざの友達がいる。警察や親に言ったら必ず殺す」などと脅し、現金約66万円を取った上、クレジットカードで購入させた高級ブランドのバッグなど約32万円相当を脅し取った疑い。
ページTOPへ


2008.06.26(Impress Watch)
総務省が出会い系業者に改善命令、迷惑メール法の表示義務違反で

 総務省は25日、「特定電子メールの送信の適正化等に関する法律(迷惑メール法)」に違反して不特定多数に広告メールを送信していた株式会社Botoloに対し、19日付けで改善措置を命じたことを明らかにした。改善命令は、2008年では2月に続いて2件目となる。
 総務省によれば、株式会社Botoloは、少なくとも2008年2月から6月初旬にかけて、「椿ひかりのコミュニティ」「出会いパーソナル」「ちぇりぃ」と称して、出会い系サイトなどを宣伝するメールを不特定多数に送信。その際、件名欄に「未承諾広告※」、本文に送信者の名称を正しく記載していないなど、迷惑メール法が定める表示義務に違反した。
 迷惑メール法では、受信者からの同意の通知を受けていない場合に広告メールを送信するにあたっては、そのメールの件名欄に「未承諾広告※」との表示を義務づけているほか、メール本文には、送信者名および受信拒否を受け付けるための送信者のメールアドレスなどの表示を義務付けている。
ページTOPへ


2008.07.18(産経新聞)
出会い系サイトの開設者を書類送検 神奈川県警

 出会い系サイトを開設し、児童を性行為の相手として誘う「不正誘引」行為を幇助(ほうじょ)したとして、神奈川県警少年捜査課と生安総務課などは17日、出会い系サイト規制法違反(不正誘引幇助)容疑で、東京都練馬区の広告業経営の男(40)を書類送検した。同法違反でサイトの開設者が摘発されるのは県内初。全国でも珍しいという。男は「広告宣伝収入のためにやった」と話しているという。
 調べでは、男は、東京都豊島区の広告会社に勤務していた昨年8月11日、インターネット上に、「交際援助掲示板」という出会い系サイトを開設。同11月4日~20年1月22日までの間、東京都新宿区の会社員の男(27)=同法違反罪で罰金20万円=などから送信された不正誘引の文言をサイトに掲示。削除せずに、男らの不正誘引行為を幇助した疑い。 
 会社員の男はサイトに「なるべく都内で、希望はJK(女子高生の隠語)」などと書き込みをしていた。男のほかにこのサイトを利用した男女6人が同法違反容疑で書類送検されている。サイトには1310件の書き込みがあり、そのうち約8割が不正誘引に関する内容だった。サイト内には年齢選択の項目があり、18歳未満の少女らとの援助交際などができるように作られていたという。
ページTOPへ


2008.07.23(共同通信)
迷惑ブログ急増、12%に 広告収入稼ぎなど目的

広告収入を稼ぐのが目的で内容が意味不明だったり、出会い系サイトに誘導したりする「迷惑ブログ(日記風サイト)」が急増し、頻繁に更新されているブログのうち12%を占めていることが総務省の調べで21日までに分かった。インターネットで検索すると、上位を迷惑ブログが占めることもあり、情報収集の邪魔になっている。
 ただ、ブログの内容を規制するのは難しいのが現状で、総務省は「ネット接続業者が迷惑ブログを遮断する技術の開発を進めるなどの対策が必要」(消費者行政課)としている。
 迷惑ブログの典型は、検索されやすい話題の語句などが、ただ無意味に並んでいるだけのもの。ブログやブログ上の広告をクリックさせることで、迷惑ブログの開設者に収入が入る仕組みだ。
 サイトを開いただけで代金を請求する「ワンクリック詐欺」のブログや、出会い系サイトに誘導する入り口となっているものもある。
ページTOPへ


2008.08.08(INTERNET Watch)
出会い系サイトの犯罪被害が4割減、上半期の検挙状況とりまとめ

 警察庁は8日、2008年上半期(1~6月)における出会い系サイトに関係した事件の検挙状況を発表した。出会い系サイトを利用して犯罪被害に遭った被害者は420人で、前年同期から4割以上減少していることがわかった。うち18歳未満の児童は356人で、98%は携帯電話を使ってアクセスしていた。
 また、出会い系サイトに関する事件での検挙数は777件で、前年同期から130件(14.3%)減少。罪名の内訳では、児童買春・児童ポルノ法違反が319件(児童買春284件、児童ポルノ35件)と最も多く、全体の4割を占めた。
 出会い系サイト規制法違反(不正誘引は159件で、前年同期の39件から約4倍増加。うち児童が誘った事例は74件で、前年同期から3倍以上増えている。
 警察庁では今後、出会い系サイトのパトロールを強化するとともに、関係省庁などと連携したフィルタリングの普及啓発活動も強化する。また、出会い系以外のサイトでも児童被害が相当数発生している場合は、サイト事業者に自主規制を講じる指導を継続するとしている。
ページTOPへ


2008.08.21(共同通信)
サイバー犯罪の摘発最多 出会い系違反が大幅増

 インターネットなど情報技術を悪用するサイバー犯罪で、警察が今年上半期に摘発したのは過去最多の2192件(前年同期比21・2%増)だったことが21日、警察庁のまとめで分かった。中でも出会い系サイト規制法違反が159件で、307・7%の大幅増となった。
 摘発数の4分の1を占めるネットを使った詐欺は583件で19・0%増。このうちインターネットオークションによる詐欺は1・3%減少し、379件だった。
 また、ネットを通じた児童買春は3・3%増の284件、児童ポルノは15・6%増の111件、青少年保護育成条例違反は91・8%増の211件となった。
 一方、全国の警察が受理したサイバー犯罪の相談件数は16・5%増加し、3万8506件。詐欺や悪質商法に関するものが33・5%増の1万7054件。インターネットオークションに関するものは27・5%減少し5089件だった。
ページTOPへ


2008.09.12(MarkeZine)
携帯各社、フィルタリングサービスのブラックリストから健全認定サイトをはずすと発表

 青少年が利用する携帯に対して、有害サイトへのアクセスを制限するフィルタリングサービスを携帯各社が導入してから、出会い系サイトやコミュニケーション機能を持っているサイトは、人気サイトであってもそのカテゴリに分類されると閲覧不可になるという事態となり、サイトや運営が適切に行われているサイトはフィルタリング対象からはずすべきという声が上がっていた。
 しかし、いったんフィルタリング対象となったサイトを閲覧可能にするためには、必要な基準を定めてそれがクリアされているかを判断する必要がある。今年4月に発足した「モバイルコンテンツ審査・運用監視機構(EMA)」は健全な運用管理体制などの基準を策定し、サイト認定や運用監視の体制づくりを行い、8月29日に第1回の認定サイトを発表。魔法のiらんど、GREEを含む5つの認定サイトを発表した。
 これを受けて今回、電気通信事業者協会とNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、
イー・モバイルは連名で、原則として特定のカテゴリに属するサイトのアクセスを制限する「ブラックリスト方式」のフィルタリングサービスから、EMAの認定サイトを閲覧可能にすると発表。認定サイトの反映を開始する時期については今後各社の発表を待つことになるが、現時点ではソフトバンクモバイルとウィルコムが2009年1月から認定サイトの反映を開始すると発表している。
 各社は今後もフィルタリングサービスの利用推進策を実施しながら、利用者が自分でサイトの閲覧不可設定を可能にする機能などの提供を行うとしている。
ページTOPへ


2008.10.09(琉球新報)
ネットの“闇”監視 琉大教授らチーム発足

インターネットを介した出会い系サイトや学校裏サイトなどの実態を把握し、子どもたちを事件やいじめなどから守ろうと、琉球大学教育学部の米盛徳市教授らがこのほど、「ネット監視研究保護センターチーム」を発足。同チームの実験調査では、携帯電話の出会い系サイトの書き込みに対し、3日間で385人の男性から返信があり、性交渉について料金や条件を提示する内容も多く見られるなど、売春や買春に発展したり、事件に巻き込まれたりする可能性が高い実態が浮き彫りになった。
 米盛教授は「インターネットの世界は、夢が広がる世界と影の世界がある。今、手を打たないと手遅れになる」と強調。同チームでは、パソコンや携帯電話の(1)県内の有害サイトや闇サイトなどの実態把握(2)県内小中学校の裏サイトの追跡、実態解明(3)隠語の言語解析―などを行い、県警や教育委員会など関係機関への情報提供や、啓蒙(けいもう)活動を展開する考えだ。
 同チームは9月末、同大教員3人と、米盛教授のゼミ生6人で発足。闇サイトなどを集中して検索できるネット監視ソフト「JScape(ジェイスケイプ)」を開発した東京都のJetrunテクノロジ(野武浩社長)から同ソフトの提供を受け、取り組みを開始している。
 同チームは実験として9月末に10代の女性を装い、出会い系サイトに「年上の優しい方とお会いしたい」などと書き込んだ。返信者の中には、「3万で会いませんか」(50代前半)、「2万で那覇市内でお会いしたいです」(30代前半)など直接的な表現以外にも、「ホテル代別イチゴ(1万5000円)」「込15(ホテル代込み1万5000円)でどうですか」など隠語とみられる表現もあった。
 米盛教授は「闇サイトを監視していることを知ってもらうことで、いじめや事件、売春や買春の抑止力にもなる」と強調。技術協力をしているサザンウィング(那覇市)の宮城浩之社長は「学校でフィルタリングソフトを導入しても、問題が起きるのは放課後の携帯電話が圧倒的に多い。子どもたちは簡単に闇の世界とつながることができる」と危機感を募らせた。
 同チームは24日午後2時から4時まで、同大教育学部教育実践総合センターで、同取り組みについてセミナーを開催する。参加希望者は、氏名・所属・連絡先を明記の上、ファクスで申し込む。申し込み、問い合わせは同センター、ファクス098(895)8442。
スポンサーサイト
[PR]

[にゅーす♪にゅーす♪]にゅーす♪其の7
Copyright(C) 2006 出会いサイトについて考える(〃∇〃) All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦
●「出会いサイトについて考える」の著作権は桃にあります。許可無く内容・文章等転載及び引用は一切禁止します。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。