FC2ブログ

出会いサイトについて考える(〃∇〃)

出会い系の攻略法の紹介と優良&完全無料の出会い系サイトを紹介している真面目なブログです。出会いサイトの感想、悪質な詐欺サイトの手口やネット詐欺対策も紹介しています。 *18歳未満は閲覧禁止です。

コンテンツ((((=・o・)ノゴー♪

QRコード

QR

Yahoo!ブックマークに登録

気まぐれ更新日記♪

「会いたい」から来て頂いた方へ

当サイトは
「会いたい~(〃∇〃)」から引っ越したサイトです。管理人も内容も同じです♪
●サイト名を「出会いサイトについて考える」に変更♪
●管理人名をみゃ→に変更♪
 で、内容とかコンテンツは殆ど変わっておりませんのでご安心を! 相変わらず「愉快な出会いサイト」の「感想」をメインコンテンツに書いてます。お目汚しですが、暇潰しに見てやって下せぇ。宜しくですぅ(*^-'*)

RSSリンク

更新状況ぉ♪

プロフィール(〃∇〃)

Author:桃
 阪神大震災で壊滅した神戸のとある香ばしい地域に居住。性染色体の型としては恐らくXX型。しかし、短気、寝起きの悪さで自分でもXY型では無いかと危惧する場面多々あり。悪徳出会いサイトで被害にも有った事のある生き物。基本的にはおもろい奴。
好きな物
 猫、水曜どうでしょう、稲中、厚揚げ、サンジ、中島らも、新田次郎、ダリ
怖い物
 犬が苦手。。。。。。。。。。

相互リンク様です♪

かんたん相互リンクです♪

かんたん相互リンクで手軽にSEOしよう♪

ブログランキングです(^^♪

にほんブログ村 恋愛ブログ パートナー探し(ノンアダルト)へ
大人の出会い ランキング

Google フリー検索

Google

WWW検索 ブログ内検索

(///∇//)テレテレ

コスプレ★ドロップ


めーるふぉーむぅ

 相互リンク依頼はこちらからどうぞ!但し詐欺疑惑、悪徳疑惑のある出会いサイト様、及び常識の無いサイト様はお断りする場合があります。てかそういうサイト様は依頼しないで下せぇ(・ω・)ノピョル注意事項及び免責事項も読んで下せぇm(._.*)mペコッ
 んで、変なメールとかは公開(IP含め)しますんで、お気をつけあそばせ♪(* ̄ー ̄)vあと、相談、感想、アドバイスetc有りましたらお気軽に(^^♪

名前:
メール:
件名:
本文:

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

にゅーす♪其の6

 色々なネットに関するニュースやトピックを保管しています(^^♪ 重要なニュースだけを特にピックアップしてます。お役に立てば嬉しく思ふ今日この頃。。。。の第六弾です(´・∀・)
 ★★へっどらいん★★
2008.02.22(毎日新聞)
児童買春:サイト利用し女生徒派遣、少女ら5人を逮捕 /埼玉

2008.02.29(産経新聞)
出会い系サイト 業者届け出制に 改正法案を閣議決定

2008.03.12(産経新聞)
少女軟禁、売春させる 組長ら4人再逮捕

2008.03.16(河北新報)
出会い系犯罪大幅増 少女の被害目立つ

2008.04.01(毎日新聞)
有害サイト:高校生2割「見た」県教委、児童生徒の携帯・ネット調査/福島

2008.04.02(読売新聞)
携帯フィルタリングサービス改善策、親認めれば閲覧OKに

2008.04.14(毎日新聞)
<女性監禁>出会い系サイトでまた事件 07年は1753件

2008.04.24(毎日新聞)
出会い系で知り合い…57歳教諭逮捕 神奈川

↑思いっきり法律違反の書き込みのニュースです。先生ぇ・・・頼むわ(ノω・、) ウゥ・・・
2008.04.30(毎日新聞)
<愛知県職員買春>出会い喫茶を家宅捜索

2008.05.07(J-CASTニュース)
行政処分受けた「出会い系サイト」「女性のメール」ほとんど男のサクラ



2007.12.11(毎日新聞)
児童買春:サイト利用し女生徒派遣、少女ら5人を逮捕 /埼玉

  県警少年捜査課と久喜署は21日、上尾市に住む無職の少女(17)ら5人を児童買春・児童ポルノ禁止法違反(児童買春周旋など)の疑いで逮捕したと発表した。久喜市や愛知県の13~15歳(当時)の女子生徒ら3人を約65人の男に紹介し、約160万円を得ていたという。少女は知人の家を転々としており、「生活費が欲しかった」と供述しているという。
 他に逮捕されたのは東京都福生市武蔵野台2、建設作業員、松井真吾容疑者(22)ら4人。調べでは、少女らは07年6月7日、久喜市に住む中学3年の女子生徒(当時14歳)を、現金4万円で上尾市の会社役員の男(33)に買春相手としてあっせんするなどした疑い。
 少女は昨年5~6月、出会い系サイトに「これからサポ(サポート)おねがいします」と書き込み、連絡してきた男に女子生徒を派遣していたという。  
ページTOPへ

 
2008.02.29(産経新聞)
出会い系サイト 業者届け出制に 改正法案を閣議決定

 出会い系サイトをきっかけに18歳未満の青少年が性犯罪の被害にあう事件が多発していることから、政府は29日、サイトの運営業者に対し、都道府県公安委員会への届け出を罰則付きで義務づけることなどを柱とする出会い系サイト規制法改正案を閣議決定した。今国会での成立を目指す。
 改正法案では、業者に対し、届け出を罰則付きで義務化する。大人が児童を誘ったり、児童(18歳未満)が異性を誘ったりする書き込みの削除も義務とし、違反を繰り返した場合には是正命令、事業停止命令の行政処分を科す。このほか(1)暴力団などの欠格事由を設ける(2)保護者や携帯電話事業者に対し、有害サイトへのアクセスを制限する「フィルタリングソフト」の積極的な利用を努力義務として課す-などの点が改正される。
ページTOPへ


2008.03.12(産経新聞)
少女軟禁、売春させる 組長ら4人再逮捕

 栃木県警組織犯罪対策課と真岡署などは11日、児童福祉法違反(児童に淫行(いんこう)させる行為)と売春防止法違反(管理売春)の疑いで、壬生町幸町、指定暴力団山口組系組長、塩谷隆被告(36)=逮捕監禁罪で公判中=ら2人を再逮捕、都賀町合戦場、無職、横松康彦容疑者(24)ら2人を新たに逮捕したと発表した。
 調べによると、4人は1月28日から2月9日までの間、携帯電話の出会い系サイトに売春相手を求める書き込みをして、申し込んだ男3人に対し、県内に住む16歳の無職少女2人に1回2万~3万円で売春させた疑い。
 4人は暴力団を名乗って少女を威嚇して携帯電話を取り上げ、軟禁状態にして売春させ、金を巻き上げていた。
ページTOPへ


2008.03.16(河北新報)
出会い系犯罪大幅増 少女の被害目立つ

  宮城県内で昨年1年間に摘発された出会い系サイト関連の犯罪件数は、前年の39件を大幅に上回る63件だったことが、15日までに県警のまとめで分かった。被害者数は58人(前年比27人増)で、うち53人が18歳未満だった。
 全国では摘発件数が前年比8.5%減の1753件、被害者数は6.5%減の1297人と減少傾向にあり、県内の増加が際立つ結果となった。
 県警は「件数の増加は取り締まり強化の結果でもあるが、特に青少年を取り巻く状況は深刻だ。被害防止のため、有害サイト閲覧を制限する携帯電話のフィルタリング機能の普及に努める」(生活環境課)としている。
 犯罪種別の内訳は、18歳未満の少女が買春被害に遭うなどの児童買春・ポルノ禁止法違反が22件(前年比4件増)で最も多かった。次いで18歳未満の少女と性行為をするなどの県青少年健全育成条例違反が19件(4件増)と、大半が性犯罪だった。
 中には、大阪府寝屋川市の男(25)が昨年9月、県内の女子高校生に裸の画像を携帯メールで送らせ、その画像を少女が通う学校のパソコンにメール送信したとして、昨年11月に児童買春・ポルノ禁止法違反(児童ポルノ製造、提供)容疑で逮捕される悪質な事件もあった。
 このほか、18歳未満の少女らに「援助交際」を持ち掛ける書き込みをした、などの出会い系サイト規制法違反も3件あった。
ページTOPへ


2008.04.01(毎日新聞)
有害サイト:高校生2割「見た」県教委、児童生徒の携帯・ネット調査/福島

 ◇フィルタリング、親の理解進まず
 県教委は31日、初めての小中高校生対象の「携帯電話・インターネットに関する実態調査」をまとめた。高校生の約2割が有害サイトの閲覧経験がある一方、有害サイトへの接続を制限する「フィルタリング」への理解が進んでいない実態が浮き彫りになった。
 調査は2月に県内の小6、中2、高1の児童生徒計1510人と保護者1308人にアンケートした。自分用の携帯電話は小6で21%、中2で36%、高1で97%が持っていた。「有害サイトを利用したことがある」のは小6が1・4%、中2が13%、高1が19%に上った。有害サイトを閲覧した人のうち「アダルトサイト」が中2、高1で6割を超え、高1は「出会い系サイト」も4割を超えた。出会い系サイトによる被害は▽小学女1人▽中学男1人▽高校男4人▽同女2人。また高1の8%が、ネットやメールで知り合った人と実際に会ったことがあると答えた。
 一方で子供にフィルタリング機能を使わせていない保護者は各学年で42~55%で、理由は「(自分の)子供は大丈夫」「子供の要求」が多かった。県教委は31日、有害サイトへのアクセスなど保護者に注意を呼び掛ける書面を全学校に送った。鈴木康雄・指導主事は「中学生女子に出会い系サイトの被害が実際に出ているのに、アンケートでは明らかにならなかった。抽出調査は氷山の一角なので、指導を徹底したい」と話した。
ページTOPへ


2008.04.02(読売新聞)
携帯フィルタリングサービス改善策、親認めれば閲覧OKに

 総務省は2日の「インターネット上の違法・有害情報への対応に関する検討会」で、未成年者が携帯電話からアダルトや出会い系などのサイトに接続できなくする「フィルタリング(選別)サービス」の改善策骨子案を公表した。
 携帯電話会社が「有害」として接続を規制しているサイトのうち、利用者の親や第三者機関が認めたサイトは閲覧できる仕組みを提案している。
 現在の選別サービスは、NTTドコモは「公式サイト」だけを閲覧できる「ホワイトリスト方式」、ソフトバンクモバイルは特定のサイトを閲覧できないようにする「ブラックリスト方式」を原則として適用し、KDDI(au)はどちらかを必ず選択させる仕組みだ。ただ、健全なサイトの掲示板なども閲覧できないケースが生じており、サイトの運営会社や利用者から改善を求める声が相次いでいた。
 このため、骨子案は、原則としてブラックリスト方式で選別する一方、保護者や第三者機関が認めたサイトは閲覧できるようにする。
ページTOPへ


2008.04.14(毎日新聞)
<女性監禁>出会い系サイトでまた事件 07年は1753件

  警察庁によると、07年に出会い系サイトに関連し、警察が容疑者を逮捕、書類送検した事件は1753件。過去最高だった前年に比べ162件(8.5%)減少したが、過去5年はいずれも1500件を超えている。07年の被害者は1297人で、18歳未満が8割を超える。
 対策として、18歳未満の者がサイトに性交渉の相手を求める書き込みをしたり、大人が児童買春を持ちかける書き込みをすることなどを禁じる出会い系サイト規制法が03年9月に施行された。しかし、現状ではすべての事業者を把握する手段はなく、捜査は後手になっているのが現状だ。
 このため、同庁はさらにサイト事業者に都道府県公安委員会への届け出を義務付けることなどを柱とする規制法の改正案を今国会に提出。また、サイトのサイバーパトロールを強化したり、18歳未満の者が有害サイトを閲覧することを制限するフィルタリングサービスの利用促進を呼びかけている
ページTOPへ


2008.04.24(毎日新聞)
出会い系で知り合い…57歳教諭逮捕 神奈川

 神奈川県警少年捜査課と大船署は24日、出会い系サイトで知り合った女子高生にわいせつ行為をしたとして、同県鎌倉市御成町、日大豊山女子高教諭、林正樹容疑者(57)を出会い系サイト規制法違反と児童買春禁止法違反の疑いで逮捕した。
 調べでは、林容疑者は昨年11月6日午後5時10分ごろ、東京都渋谷区のカラオケ店で、当時高校1年の少女(17)にわいせつ行為をした疑い。容疑を認めている。出会い系サイトに「援交の未経験者または若葉マークの女の子を募集です。僕は予備校の講師をしていて、中学生、高校生に教えるのは得意です」などと書き込み、少女を誘っていたという。
ページTOPへ


2008.04.30(毎日新聞)
<愛知県職員買春>出会い喫茶を家宅捜索

 愛知県職員の男が今月、児童買春禁止法違反容疑で逮捕された事件で、県警少年課と中署などは29日、男が買春相手の少女と知り合った名古屋市中区の出会い系喫茶を家宅捜索した。県警によると、同容疑での出会い系喫茶の捜索は異例という。県警は店内にいた16~17歳の女子高校生ら19人を不良交友で補導、会員名簿やパソコンなどを押収し、出会い系喫茶の実態解明を進める。
 捜索は同日午後、捜査員約50人態勢で大掛かりに行われた。雑居ビル8階にある同店に捜査員が踏み込むと、店内には女性客22人と男性客13人がいたという。女性客のうち19人が18歳未満だった。
 事件では、同県社会活動推進課青少年グループ主任主査の三浦輝樹容疑者(44)が同店で知り合った三重県桑名市の専門学校生(16)に「30万円でアパートを借りてやる」などと約束し、ホテルでみだらな行為をしたとして22日に逮捕された。
ページTOPへ


2008.05.07(J-CASTニュース)
行政処分受けた「出会い系サイト」「女性のメール」ほとんど男のサクラ

 経済産業省は、有料の出会い系サイトを運営している「メディアテクノロジー」(東京港区)に対し、料金表にない追加料金を徴収するのは特定商取引法違反(誇大広告)であるとして、表示を改善するよう行政指導した。さらに、女性からのメールはほとんどが「サクラ」だったことも判明。この「サクラ」で荒稼ぎしていた。
■サイトに勤務する男性が書いていた
 経産省は2008年5月1日、有料の出会い系サイト「デートDEひと恋」を運営する「メディアテクノロジー」を特定商取引法違反(誇大広告)であるとして、料金表示を改善するよう行政指導した。「デートDEひと恋」は、メール送信や連絡先の閲覧の際に使うポイントを、1ポイント当たり10円で購入する有料制の出会い系サイト。
 同省によれば、「デート保証金」名目で1万円分のポイント購入を必要とするのにもかかわらず、料金表には「他全ての項目無料」と表示していた。この「デート保証金」は、「本当に会ってくれる異性の情報」の提供を受ける際に必要となるものだったという。
 同サイトには、「メール閲覧25ポイント、メール送信25ポイント、アドレス添付1000ポイント、電話番号添付1000ポイント、連絡先閲覧500ポイント」と書かれていたが、これらだけで男女会員間の出会いに関する情報交換がすべて全てできるかのような表示をしたことが、問題だとされた。
 さらに、同サイトは「男女の比率もベストバランス1:1に近づくように様々な広告に入稿しています」と述べているが、実際はほとんどが「サクラ」だった。同省消費経済対策課はJ-CASTニュースに対し、
  「『女性のメール』も、ほとんどが(同社に勤務する)男性が書いたものだった」
と述べている。同省によれば、「メディアテクノロジー」の06年度売上高は3億9000万円。そのほとんどが、男性の「サクラ」に釣られた、男性のユーザーが支払ったものと思われる。
 今回の行政指導は、特定商取法に基づいて、従わなかった場合は100万円以下の罰金が課せられるほか、業務停止命令が課されることもある。過去には、07年3月に、有料なのに無料、会員1万6000人程度にもかかわらず、会員数50万人を謳っていたなどとして、出会い系サイト運営会社が業務停止命令を受けた。

■「サクラ」のアルバイトはいわば「公然の秘密」
 経産省は、「最近は、出会い系サイトは非常に巧妙になっており、ある程度まで無料であるにもかかわらず、ある一定ラインに至るといきなり有料になるサイトが増えてきた」としており、無料で利用者を引き寄せておいて、ポイントを購入させ、さらに「サクラ」でポイントを消費させる、という手口が増えてきているようだ。
 ある男性も、「無料」を謳った携帯電話の出会い系サイトに登録したところ、ポイント制だったことが判明。しかし、登録時にいくらかのポイントが無料で与えられ、「無料だからポイントを使いきるまで試してみよう」と考えメッセージのやり取りをしていた。しかし、「女性」と出会えそうなタイミングで無料ポイントを使いきり、「コンビニで簡単に入金できるため、危うくポイントを購入するところだった」と話している。
 一方で、一部の出会い系サイトで、ポイントを消費させる役目を担う「サクラ」のアルバイトが存在することも今ではいわば「公然の秘密」。Q&Aサイト「教えて!goo」でも「出会い系サイトのサクラのバイトについて教えて下さい」と質問が書き込まれ、「バイト情報誌に『入力業務』とあったので応募したら、さくらのバイトでした・・」「私の友人がバイトしていました。募集職種は『一般事務』かなんかだったけど、その実サクラでした、みたいな…」といった回答が書き込まれている。また、ある男性会社員はJ-CASTニュースに対し「女友達が『サクラ』のバイトをやっていたが、『楽勝』と言っていた」と話している。さらに、こうしたアルバイトの給与は、時給制ならば時給1500円前後、出来高性なら1通200~500円前後というのが相場であるようだ。
ページTOPへ

スポンサーサイト
FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!
[PR]

[にゅーす♪にゅーす♪]にゅーす♪其の6
Copyright(C) 2006 出会いサイトについて考える(〃∇〃) All Rights Reserved.
template designed by 遥かなるわらしべ長者への挑戦
●「出会いサイトについて考える」の著作権は桃にあります。許可無く内容・文章等転載及び引用は一切禁止します。
アクセスランキング
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。